モハマド・シルカヴァド

イランの胃外交

協会初のイラン公認大使であるモハマド・シルカヴァンドをご紹介します。 私たちはモハマドに、イランの料理体験の提供者と他の国の食品愛好家との間の関係を育むために国の料理文化を使用するこの重要な役割についての彼の考えを共有するように頼みました。

Being Immersed in culture and experiential tourism opened a gate for me to become an Ambassador of World Food Travel Association to increase international awareness about Persian culinary tourism, also as a Board of Directors of Creative Tourism Development Club of UNESCO, the identity of the culinary culture of each city is so special to me as it makes a specific dish, dessert, known or named dedicated to the area which would carry the essence and the definition of the culture which works a collaborative asset for cities to maximize their brand architecture in Creative Tourism.

また、イラン文化の料理の姿勢は、レシピや調理方法から料理や食事の道具まで、特に先住民の空間でこの経験を積む機会を得たときに、美食、食事、飲酒の習慣の多くを提供します。アンバサダーとしての目的は、料理観光が目的地開発の推進力として提供する機会に基づいて構築し、現在の課題に対処し、ポリシーやビジネス慣行の変更を促すことで、料理観光の目的地開発への現在および潜在的な貢献についての理解を深めることです。そして消費者の行動、イランで真の料理の観光セクターを構築する。

あなたはできる モハマドについて詳しくはこちらをご覧ください.

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア
pinterestでシェアする